<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第4弾追加アーティスト発表!!!

33/45 JUNKIES VOL.8東京・大阪公演にオーストラリアのマジックビートファンタジスタFLAMINGO CRASHがライブ出演決定!東京公演のDJとして前回の33/45 JUNKIESにも出演してくれたOPERATOR PLEASEよりAMANDAHとTIM、さらに横浜発にして初の00's Generation Rock Event「reclash」よりWSZ80が参加決定!

f0145478_17214449.jpg


■OPERATOR PLEASE
オーストラリアはゴールドコースト出身の5人組。2005年に彼らが通う、エラノラ州立高校で行われたバンドコンテスト「バトル・オブ・ザ・バンド」のために結成。コンテスト優勝後、2枚のEPを自主制作しインディーズよりリリースするやいなや、DIY(Do It Yourself)プロモーションを遂行、自らの手で音楽業界中にその名を知らしめていく。その後ニューヨークで開催されたショーケースに招待され称賛を浴び、その結果2007年頭にはVirgin/EMIがオーストラリア、Brille RecordsがUKの権利を獲得。2007年夏、レディングなど世界的なロックフェスに出演後2007年8月に「Just A Song About Ping Pong」でメジャーデビュー。速射砲のようなヴォーカルや、ヴァイオリンを取り入れたオリジナリティ溢れるサウンド、キャッチーな楽曲が話題を呼び、オーストラリアシングルチャート12位、UKインディーズチャートで10位を記録。ラジオ局、音楽チャンネルなどで大量にオンエア。Youtubeでのクリップ視聴は30万ビュー近くに達する。2007年11月にはARIAアワード(オーストラリアのグラミー賞にあたる)で最優秀新人賞獲得。授賞式でパフォーマンスも披露。待望のデビューアルバムはオーストラリアで11月に発売、i-tunesチャートで5位を記録、日本でも輸入盤店で好調な売り上げを記録するなど既に話題を呼んでいる。12月には急遽ライブ来日、東京のみで30分程度のパフォーマンスながら耳の早い音楽ファンに強烈なインパクトを残す。
OPERATOR PLEASE Official Band Page
[PR]

by 3345junkies | 2008-10-17 17:34

第3弾出演アーティスト発表!!!

33/45 JUNKIES VOL.8大阪鰻谷SUNSUIの公演にRALLYE LABELよりJEREMY WARMSLEYとJAMES SEVERY AT THE CIRCUS CIRCUSの2アーティストが出演決定!!

f0145478_19363255.jpg


■JEREMY WARMSLEY (ジェレミー・ワームスリー)
英ロンドン出身、フランス系イギリス人のシンガーソングライター。2005年にデビューEP「5 Interesting Lies」を、THE SUBWAYS、MYSTERY JETS、PIPETTES、LARRIKIN LOVE、RUMBLE STRIPSを輩出し、現在はFOALSが大ブレイク中の名門TRANSGRESSIVE RECORDSからリリース。2006年には、「Other People’s Secrets」、「I Promise」、「I Believe In The Way You Move」とシングルのリリースを重ね同年TRANSGRESSIVE RECORDSよりデビュー・アルバム「The Art of Fiction」をリリース(ボーナスCDを加えた日本盤が10月11日リリース)。NME、SUNDAY TIMES、UNCUT、ART ROCKERよいったUKの主要音楽誌からは「ベッドルームのアーケード・ファイア」、あるいは「エイフェックス・ツインの悪魔なエレクトロ・サウンドにフィルターをかけたアコースティックポップ」等と大絶賛。同作には友人でもあるミステリー・ジェッツのヴォーカリスト、ブレイン・サイモン&ウィル・リーズ、英の注目女性SSWエミー・ザ・グレイトも参加し、 「Dirty Blue Jeans」、「I Promise」、「5Verse」、「I Believe in the Way You Move」などのシングル群は軒並みスマッシュヒットを記録。11月15日にはコールドプレイ「美しき生命」を手がけた名手マーカス・トラヴィスをプロデューサーに迎えた2NDアルバム「How We Became」をリリース予定。

f0145478_19392483.jpg


■James Severy (ジェイムス・セヴェリー)
英国イプスウィッチ出身のシンガー・ソングライター。高校卒業後に作曲を始め、全ての楽器を自身で演奏したホームレコーディングのデモがBBCラジオ・ワンの名物DJ、ヒュー・スティーブンスの耳にとまり“Do The Circus Circus“がフィーチャー・シングルとして人気番組「Radio One Introducing show」でプレイされた話題を集め、昨年は未契約アーティストにも拘らず英の新興フェスティバルLatitude Festivalにも出演。Forward, Russia!、Good Shoes、Jamie T、Pigeon Detectivesなどの人気インディ・バンドも出演する英イプスウィッチの名物パーティ”UPROCK”を主宰するDJ、リチャード・ハウがマネージメントを務め、今年3月、South Central、Popup、最近ではIsoscelesのリリースで注目を集めるUKインディの名門ART GOES POPからデビュー・シングルをリリース。プレスからも『ジェイムスの音楽を前にしたら、ジャック・ペニャーテやジェイミーTも未熟者同然だ』と大絶賛。その後、ビートルズやニルヴァーナも使用し世界的にも有名な名門スタジオ”Maida Vale"にてBBCレディオ・ワン・セッションを行い、更に大きな注目を集める。英国中が熱い期待を寄せる中、待望のデビュー・アルバムがRallye Labelより9月に世界初リリース。

RALLYE LABEL OFFICIAL SITE
[PR]

by 3345junkies | 2008-10-03 19:44